アフィリエイト用語集です。

※ 記載には正確な情報に努めますが、
各アフィリエイターによって解釈の違うものもあるでしょう。
あくまでも豆之助が解釈した用語集です。

日々少しづつですが項目は増えていきます。(予定です。)←頑張れっ!

アフィリエイト

簡単にいえば企業が運営するサービスや商品を自分の媒体(サイト・ブログ・メルマガ・SNSなど)で、
紹介することで結果に応じた報酬を得るお仕事です。

報酬の獲得の仕方について、大きく2つの形態があります。

1、クリック課金型
自身のサイトなどに配置した広告を来訪者がクリックした時点で報酬が払われるもの。
(代表例 グーグルアドセンス)

2、成果報酬型
自身のサイトなどに配置した広告を来訪者がクリックし、
その先の販売評者の商品・サービスが売れた場合に報酬が発生するもの。
(代表例 楽天・ヤフー・アマゾンなど)

 

Author Rank(オーサーランク)

グーグル公式見解ではないが、近い将来検索エンジンでの順位決定の評価に関して

重要な指標になると言われている。

オーサーとは権威という意味で、WEB上でサイト作成や、コンテンツ、記事の執筆などをしている

著者の信用度を計る指標で、

たとえば豆之助がグーグルが倒産しましたよ!と記事にしたものと、

Yahoo!ニュースでグーグルが倒産しました!と記事にしたものと、

どちらが信憑性がありますか?

当然Yahoo!ですよね。

つまり豆之助よりもヤフーの方がオーサーランク(権威、信用度)が高いと言えるわけ。

 

スクリプト(javaスクリプト)

コンピュータプログラムの種類の一つで、
機械語への変換や実行可能ファイルの作成などの過程を省略または自動化し、
ソースコードを記述したら即座に実行できるようなプログラムのことをスクリプトといいます。
そのようなプログラムを記述できる
プログラミング言語のことを
スクリプト言語とよびます。

Sun Microsystems社とNetscape Communications社が開発した
Webブラウザなどでの利用に適した
スクリプト言語(簡易プログラミング言語)のことを
俗にjavaスクリプトと呼んでいます。

豆之助なりの解釈で分かりやすく言うと、パソコンを支配しているのはCPUなのですが、
こいつは人間の言葉が皆目わかりません。
そこで、通訳みたいなものが必要になるわけで、、、
それがスクリプト。

また、ブラウザ(IEとかインターネットを見るためのプログラムね)に特化したスクリプト言語を、
javaスクリプトと考えていいでしょう。(実際には少し解釈の仕方が違うんですが、、)
主にモーション(アニメーションとか、画像を扱うものとか)に使われます。

記事『 何でも購入前の下調べは、、、 』でお話しした僕のトラブルは、
画面上の頭の部分で、スクリプトに障害が発生して、下部の(次の)スクリプトが処理できない状態。
スクリプトエラーのせいで、サムネイル画像がくるくるとなってたわけです。

 

パンダアップデート

Google検索結果の品質を高めるために実施している検索アルゴリズムアップデートの名称。

ユーザーがより質の高い検索結果を得られるよう、検索エンジンの仕組をより良いものへ更新すること。

具体的には、サイトの内部構造を主に見ている。

文章内容がコピーコンテンツではないのかとか、
キーワード詰め込みすぎて意味のない文章になっていないかとか。

パンダの由来は、白黒はっきりさせるという意味らしい。

 

ペンギンアップデート

検索順位を上げることだけを目的として、

本来適切な検索順位よりも高い順位を得ようとして

抜け道のような手法を使って行われるSEO(通称ブラックハットSEO)を使用し、

価値がないに等しいサイトを排除しようとするGoogleの新しいアルゴリズム。

対象とするのは主に被リンク。

被リンク元がスパム的なサイトではないかとか、
不自然な自作自演リンクではないかなど。

ペンギンの由来は、パンダと同じく、白黒はっきりさせるという意味らしい。

 

ハミングバードアップデート

検索エンジンの読解能力の向上を目指したアップデート。

昔の検索エンジンは、文章などでも単語の羅列としてしか理解できなかった。

ところがこのアップデートにより、単語の羅列ではなく、

文章として理解できるようになってきている。

もっといえば、文章の意味まで理解が出来る様になってきている。

 

ブルーオーシャン

PPCアフィリエイトで使う専門用語(俗語)で、

あるキーワードで広告を打つときにその打ち込む漁場に

ライバルが皆無、もしくは少ない場合にこの言葉で表現される。

 

プラチナオーシャン

PPCアフィリエイトで使う専門用語(俗語)で、

上記記載のブルーオーシャンの最上級として

誰か(高額塾を売りたい人)が、無理やり名づけた。と思う。

 

レッドオーシャン

PPCアフィリエイトで使う専門用語(俗語)で、

上記記載のライバルが非常に少ない状況とは真逆に、

ライバルだらけで入札単価も高騰しているような漁場を、

赤い海と表現される。

 

IPの分散

被リンクのIPアドレス分散とは、IPアドレスの異なるサイトからリンクを張ること。

あくまでも一つの考え方なのですが、

SEOを考える際に複数のサイトからリンクを引っ張る方法が、基本的手法としてまだ根強いです。

その際に同一のIPアドレスから複数もしくは大量に自サイトにリンクを引っ張ってしまうと、

明らかに不自然ですよね。(自作自演がバレバレ)

普通被リンクというものは、自然とあなたのサイトがいいなあと共感したユーザーから

貼られるものであって、それが同一のIPアドレスから大量に被リンクなんてありえない話です。

バラバラになる筈ですよね。

こういった観点から分散していた方が自然だし、

より広い範囲でサイトに対してリンクが張られていると認識できるので、

効果的という考え方です。

因みにIP(IPアドレス)というのはパソコンや、サーバーの住所の様なもので、

ブログサービスで言うと、たとえばFC2ばかりにブログを作るとこれまたIPが偏るわけです。

FC2のユーザーがあなたのサイトに集中してリンクを張るなんて、、、不自然ですよね。

 

FBA (フルフィルメント by Amazon)

フルフィルメント by Amazon (FBA) とは、
Amazonが出品者に代わって注文を受け、商品を出荷するプログラムです。
出品者は商品をAmazon Japan Logistics のフルフィルメントセンターに納品し、
納品された商品をAmazon 配送センターにて保管し、カスタマーからの注文に応じて出荷します。
返品を含む受注後のカスタマーサービスはAmazon.co.jpが提供します。
またFBAの注文商品はすべて、「国内通常配送無料」やギフトサービスが適用されるなど、
Amazon.co.jpへの注文と同様に扱われます。

(出典 Amazon.co.jpヘルプ
一見すると便利好さそう(実際に便利なんですが)ですが、自分の商品をFBAに預けておくという性質上、
保管料がかかります。(微々たるものですが)
また、どうしても売れない商品が出てきます。
ほおっておくとやっぱり保管料がかかります。(微々たるものですが)
専用の管理画面で、指示を出すのですが、売り上げと手数料や保管料の
見極め(利益が出るように)が難しく、うつ病(僕の場合)の人間には、適さなかったですね。
計算がややこしいんです。ようするに。

 

PPC広告・PPCアフィリエイト

PPCは「Pay Per Click(ペイ・パー・クリック)」の略。

検索結果のページの上部及び右側に表示される広告のことだが、

表示されるだけでは広告費が発生せず、

クリックされることで初めて費用が発生する。

このため、広告にしては費用対効果が高いと言われている。

PPCアフィリエイトはこの広告を利用したアフィリエイト。

ASPから案件を選び、その商品の公式ページに飛ばすためのランディングページ(LP)

を作って、そのLPにアフィリエイトリンクを設置し、そのLPを広告として出稿する。

報酬額から広告費用を差し引いた分が純利益となる。

当然報酬額を広告費が上まわれば、、、

恐怖の赤字となる。

 

SEO ( Search Engine Optimization )検索エンジン最適化

サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に
自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。

具体的手法については色々あります。

例えば

1、自身のサイトについてのキーワードを適切な種類で適切な数を設定する。 内部SEO対策
(トップページはもちろん各個別記事についても))

2、自身のサイトの中で、適切なリンクを張る。 内部SEO対策

3、自身のサイトのテンプレートへの配慮 内部SEO対策

(グーグルのクローラーに対して親切な構文)

4、多くのサイトからリンクしてもらう。 外部SEO対策

(コンテンツを充実させることによる自然なリンク→ナチュラルリンクの獲得)

(適したサイトを見つけて相互リンクの依頼をする。) ※豆之助は支持しません。

(相互リンク支援サイトに登録する。) ※豆之助は支持しません。

(検索サイトに登録する 例ヤフーカテゴリ)

5、プレスリリースを出す。 外部SEO対策

6、SEO業者に依頼する 内外部SEO対策 ※豆之助は絶対に支持しません。

※クローラーは日々進化成長しています。

過去に王道とられた手法でも現在では通用しなかったり、
逆にペナルティーとなることもあります。

上記記載の各手段で、私の支持しないものもありますが、
理由については機会があれば別の記事で述べたいと思います。

WordPress

WordPressワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。

主な特徴

  1. PHPによる動的なページ生成
  2. 標準添付のテンプレート等がウェブ標準に準拠
  3. 記事への複数カテゴリー設定に対応
  4. カスタマイズ可能で検索エンジンフレンドリーなURL
  5. テーマによる簡単なデザインの切り替え
  6. プラグインによる拡張機能
  7. WYSIWYGによるエントリ編集
  8. 投稿スラッグによるパーマリンクURL作成

( 出典 2014年4月20日 (日) 01:24 wikipedia WordPress )

ようは、サーバーを自分で借りてブログやサイトを運営したいと思ったときに、

普通ならばホームページビルダーとかの手を借りて、自分でサイトを構築しなければいけない。

しかしこのワードプレスというシステムを使うことにより、無料ブログに近い感覚で簡単に

サイトを構築できるという優れもの。

このワードプレスにはプラグインという無料オプション(有料もあり)を追加していくことで、

機能の拡充ができるのも利点のひとつ。

WordPress テーマ

一般的な呼び方は、テンプレートと言えばわかるのでは?

無料ブログでも、テンプレートを選ぶことができるでしょ!

ネコさんのテンプレや、ハートがいっぱいのものとかいろいろ。

あのテンプレートのことを、ワードプレスではテーマと呼んでいます。